読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

「残心」春を送る

 

 

静岡はもうすっかり春が過ぎていますが、写真の整理をしていたら名残惜しくてUPです。

 

 

f:id:ley-line:20170422190830j:plain

 

 

f:id:ley-line:20170422190703j:plain

 

 

 

 

f:id:ley-line:20170422191837j:plain

(桜のはなびらが舞うのを喜ぶ姪っ子)

 

名残りを惜しむで思い出したのですが、先日新聞のコラムのタイトルが「残心」と書いて「おもてなし」とふりがなをつけていました。

弓道の残心は聞いたことがありましたが、「おもてなし」?と気になって少し調べてみました。

 

武道などでは技を決めた後でも気を抜かずに見届けること、相手に卑怯なことをせず、驕らず、高ぶらず、相手に感謝すること。

 

剣道の試合において一本取ったことを喜ぶ様(ガッツポーズなど)が見受けられれば、驕り高ぶっていて残心がないとみなされ、一本を取り消されることがあるそうです。

 

 f:id:ley-line:20170422205004j:plain

 

茶道では美しい所作の構えと、お客様の姿が見えなくなっても見送る、一期一会の心を教えているそうです。

 

何にても 置き付けかへる 手離れは

             恋しき人に わかるると知れ

(茶道具から手を離す時は、恋しい人と別れる時のような余韻を持たせよ)

 

                                (以上wikipediaより)

  

f:id:ley-line:20170422205200j:plain

 

 

この「残心」という概念は日本特有ではないか、と書いてあるサイトを見つけました。

 

それは正しく美しいことを継続するという意思と、相手を慮(おもんぱか)る優しい気持ちがあるのではなかろうか。

 

 

このサイトは武道関係でも茶道関係でも芸関係でもない、テクノロジー開発のサイトです。

「開発には残心が必要」という内容がとても良かったので紹介します。

 

techon.nikkeibp.co.jp

 

 

 

思いがけず「残心」という奥深い言葉を知ることができました。

 

「残心」はものごとをきちんと終え、新たな動きの前の静寂をつくること。

私にはそんなふうに思えました。

 

 

今夜の夕飯のおかずです。

たけのこと蕨を炊き合わせました。

残心で味わいます。

 

 

f:id:ley-line:20170422190953j:plain