読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

「今 あなたにココロからサンキュ」

 早いもので、もう三月になりました。大変ご無沙汰をしていますが、みなさんお元気ですか?

私はオステオパシーの勉強とインド舞踊のレッスンに、時折くじけそうになりながらも励んでいます。

 

実は年明け早々ですが、私にとってとても大事な方「Kさん」が亡くなりました。

以前に書いた記事でも最後にちょっと紹介したボランティアの先輩の方です。

 

 

ley-line.hatenablog.com

 

秋に奥さんからKさんの体調がよくないと聞いてお見舞いに行きましたが、会ってみると思ったよりもお元気そうで、相変わらずの包容力とお茶目さにすっかり甘えさせてもらい、お見舞いに行ったはずの私の方が元気をいただいて帰って来ました。

 

Kさんの「また酒が飲めるようになった」の言葉に安心していましたが、年を明けたある日、Kさんが夢に出てきて私に「いろいろ、ありがとうな!」と言ったのです。

優しいお顔でしたが、奥さんのことを心配しているような気がしました。

 

慌てて奥さんに連絡したら、数日前に亡くなったとのこと。

 

亡くなる日の朝はお奥さんが作ったお雑煮を食べ、知り合いへのお年玉の心配もしていたほどで、あまりにも急なことだったと聞きました。

 

Kさんは出家された僧侶でしたが、奥さんはタイの国の方です。

若いころお弟子さんだったKさんが、破門を覚悟でお師匠様に奥さんを紹介したところ、お師匠様は二人でお寺を継ぐことをお許しになったそうです。

 

訃報を聞いてお参りに伺ったお宅には、奥さんの17歳の頃の写真が飾ってありました。撮ったのはもちろんKさん。花畑で花を髪にさして微笑む奥さんの顔を見れば、どれほどお二人が愛し合っていたのかが伝わります。

 

Kさんたちにはお子さんがいないので、自分が亡くなったら奥さんがタイに帰って暮らせるようにと家を建ててあげたと、お見舞いに行った時にKさんは話していました。

「財産もないから、小さな、まるで掘っ立て小屋だけどな」と笑っていたKさん。

 

 最期は奥さんの腕の中で「あ、り、が、と、う」と言ったそうです。

 

ご苦労も多く、波乱万丈な道でしたが、熱き心を持ったなんて素敵な人生だったのかと思います。

 奥さんもとても素晴らしい方で、大事な芯をぶらさずに、本当に心深き方です。

 

お二人から受けた影響(お叱りも!)は計り知れず、言葉では語り尽くせませんが、いつか少しずつブログに残せたらと思います。

 

Kさんがカラオケで必ず歌っていた曲「異邦人」です。(Kさん、いつもちょっとはずれてたけど(笑))思いをこめて贈ります・・・

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 私のブログといえば、ずっと更新もせずにいますが、新しく読者になってくださった方もいらっしゃって、本当にありがとうございます。

 

そして、いまだに過去記事にアクセスしてくださる方々がいてくださることに驚いています。

 

久しぶりにみなさんのブログものぞかせていただきました。

胸が熱くなって思わず更新です。

 みなさんに心を込めて曲を選びました。渡辺美里さんの「サンキュ」です。

 

こんなに広い都会の片隅で めぐり逢えたのは きっと偶然じゃない」

 

それから、アイコンを少し変えました。

イルカは同じですが、二頭です!

今までは自分一人でジャンプすることを目指していた気がします。ちょっと思いつめながら(笑)

でもこの頃はもっと自由に楽しみたい!と思うようになりました。

「母なる大きな海で思う存分遊び、喜びのジャンプしたい!」

それはやっぱり、一人ではできないでしょう。

「共に生きる」ことの意味がやっとわかってきたような気がします。

そんな自分の変化をアイコンにしてみました。

 

 

 まだブログ再開とはいきませんが、こうしている時間も大事かも知れないと思っています。

 

Kさんへ、そしてブログ仲間のみなさまに・・・

 

「今 あなたにココロからサンキュ」

 

www.youtube.com