読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

東田 直樹 「どこかで誰かが自分を待っている」

           f:id:ley-line:20150228164152j:plain      

          「跳びはねる思考」

      会話のできない自閉症の僕が考えていること    東田 直樹

 

         東田さんは自閉症です。

 「どんな病気か・・・

 脳の発達・成熟が障害されることにより、心を通わせることが不自由な、3歳までに発症する神経発達の病気です。子どもの0・1~0・2%にみられます。

 自閉症の子は、あたかも自分の世界のなかで生きているかのようにみえ、他人に興味を示すことが少なく、社会性に乏しい傾向があります。また、日常生活の決まりにこだわり、奇妙な行動を繰り返します。コミュニケーションが苦手で、視線を合わすことを避け、他人に愛着を示しません。」          Yahooヘルスケアより

 

 東田さんは重度の自閉症で会話ができず、文字盤を指差しながら言葉を伝えたり、パソコンを利用してコミュニケーションをします。

「跳びはねる思考」は東田さんのエッセイで、他にも詩集や絵本を出しています。

自閉症の人はコミュニケーションがとれなかったり、特異な行動をとるために知能が低いと判断されがちですが、彼の言葉は知的で、鋭く、深いやさしさがあります。

   *******************************

   

             f:id:ley-line:20150228223654j:plain

 

            「 水が恋しい 」

    ・・・水の中では自由になれます。

    静寂で言葉も存在しない世界なら、自分も生きているだけで十分に幸せだと

    実感できます。そこには、僕を縛るものは何もなく、時間さえ超越したかの

    ような世界が広がっているからです。

 

            「 人の話を聞く 」

     僕は、相手のためだという理由で、好き勝手な意見を伝えるよりは、その

    人の悲しみや苦しみに、ただ寄り添うほうが、大切なこともあると感じてい

    ます。

     話すことよりも、聞くことのほうが難しい気がします。

          f:id:ley-line:20150228222714j:plain

 

            「 自己の確立 」

    ・・・重度の障害者は、何もできない人間に見られがちですが、実は強靭な

    精神力を持っている人も多いような気がします。

     人の手伝いがないと生きられないからといって、気持ちまで助けがいると

    は限りません。

 

   ********************************

 

             「 挨拶 」

     僕には、人が見えていないのです。

    人も風景の一部となって、僕の目に飛び込んでくるからです。山も木も建物 

    も鳥も、すべてのものが一斉に、僕に話しかけてくる感じなのです。それら

    全てを相手にすることは、もちろんできませんから、その時、一番関心のあ

    るものに心を動かされます。

     引き寄せられるように、僕とそのものとの対話が始まるのです。それは、

    言葉による会話ではありませんが、重なり合うような融合する快感です。

 

   *********************************            

          f:id:ley-line:20150228232925j:plain

  解説で佐々木俊尚氏は東田さんの世界に、カルロス・カスタネダの「呪術師ドン・ファン」を引用し、世界を見るのではなく”世界を聴く”修行をしたカスタネダが、鳥のさえずりや木の葉のあいだを走り抜ける風の音、虫の鳴き声が区別できるようになり、だんだん音で世界を知ることができるようになることを重ねます。

 そしてその世界には”根源的な人間の豊かさ”を感じると言います。

   

           f:id:ley-line:20150228232950j:plain

 

「・・・わたしはその音の豊かさ、きしみにうっとりしてしまった。そして風は藪を

 ぬけ、たくさんの小さな物がぶつかり合うような音をだした。それはほとんど旋律

 的とも言える音で、吸い込むようで断固としていた。」

 

    カルロス・カスタネダ  真崎義博訳『呪術の体験 分離したリアリティ』

 

  **********************************

     同じように自分の世界を絵で表現している少女に出会いました。

 

     
    5歳の自閉症の少女が描く絵が信じられないほど美しい! - YouTube

      

 ほかの子供たちのそばに連れていくと、まったく途方にくれてしまっていたというアイリスは、旅行中の親戚から預かった猫の”トゥーラ”とのの出会いで変わっていった。

二人は出会った瞬間に仲良しに・・・あたかも古くからの友人にようにお互い通じ合っていた。

   *********************************

    どこかで誰かが自分を待っている、そんな感覚になるときがあります。

   特定の人を思い浮かべているわけではありません。

   相手の容姿や年齢、性別もわからないのに、

   「ようやく会えた」という感動だけが、胸の中に繰り返し蘇ってくるのです。

                東田 直樹

     f:id:ley-line:20150228235026j:plain

      夢の中で「ようやく会えた」と泣いていたことを思い出しました。