読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

須賀敦子という海で

「きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。 そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。」 「ユルスナールの靴」プロローグ この言葉がテレビから流…

The Rose

今年の1月からブログを始めてから10カ月。 記事数は今回で76回目。 何の区切りでもなく、中途半端な時ですが、ふりかえっています。 たいしたブログでもないので、たいしたこともありません。どうぞスル―してもらっていいです。 私は読書が好きで、感動…

Happiness is here and now

空をめざす 小さな赤い手の群れ 祈りを知らない 祈りの姿は美しい 高見 順 双子ちゃんのコスモス(*^^)v サイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』 - YouTube Happiness is here and now - Plum village song ...

ありがとうを言いたくて・・・

生きていると、突然いろいろなことが起きるものです。大きくでました(^_^.) 久しぶりに胸の底がひっくり返るほどの嬉しいことがダブルできました。 自分でもどうしていいのかわからず・・・お祈りします。 私の大好きなお祈りです。 主よ、私がどこにいても …

「ひらめき」を生む「穏やかなカオス」

高専祭に行ってきました。 高校の文化祭というよりも、大学祭の雰囲気でした。 若いっていいですねェ・・・ お昼は焼きそばと唐揚げクレープ(美味しかった!) こんなところにisakuさん!(ではなかった) ペッパー君にも会いました! 理系の学校なので、主…

「あなたがいて、私はうれしいです」

美しい空でした。 天使の羽のような雲が見えました。 最近、ブログ仲間のhappy-ok3さんの更新がされていなくて、どうされているかなと思っています。 お休みの予告がなかったので、ちょっと心配しています。 毎日インコちゃんたちの写真とバースデイカード、…

インドラの網  賢治とハン師とマイケル

敬愛するブログ仲間のhappy-ok3さんの雁の飛行についての記事を読んで、宮沢賢治の『雁の童子』を 思い出しました。 この物語は、1907年にスタインが発掘したミーラン遺跡(中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン沙漠の東南端にある)で発見された壁画 をモ…

猫、ねこ、ネコ・・・

いろいろあって仕事が6連休だったので、今までできなかった写真の整理をしていたら猫達の写真が・・・ たまらずアップ。 全くの親ばか記事ですが、見てください(^^ゞ まず、最初に我が家にきた兄妹。 友達から職場の倉庫で野良猫が赤ちゃんを産んで、もらい…

「ヨーコさんの言葉」  佐野洋子

「ヨーコさんの“言葉”」 講談社 『100万回生きたねこ』の著者、故佐野洋子さんの痛快メッセージ。 NHK Eテレ「ヨーコさんの“言葉”」の書籍化。 放送時間 毎週日曜 午前8:55~9:00 佐野さんの本音トークは痛快で「うん、それなんだかわかる」と思わずニヤ…

<生きた言葉><届く言葉>  内田 樹 「街場の文体論 」 

「街場の文体論 」 内田 樹 この本は<生きた言葉><届く言葉>について、内田 樹氏が神戸女学院大学教授としての最後の講義をまとめたものです。 大学名誉教授であり、日本の哲学研究者、思想家、倫理学者 、武道家、翻訳家・・・ 難しかったですが、それ…

人こそ見えね 秋は来にけり

人こそ見えね 秋は来にけり 我が家の周りもすっかり秋です。 お日様かたむきとんぼの眼玉がひかるぞい 山頭火 「吾も亦(また) 紅(くれない)なりと ひそやかに」 高浜虚子 とんぼうの薄羽ならしゝ虚空かな 石鼎 「狐火の 燃(もえ)つくばかり 枯尾花(か…

Super-Moonには何かがおきる? なんちゃって画像

スーパームーンを息子と一緒に撮っていたら・・・ 「えっ?オーブ?」 「月が形を変えた?」 「今度は輝きを変えた?」 「ついに未確認飛行物体が!」 早速、拡大してみると・・・ トンボ?・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー! こうして我が家の「Super-Moon イベ…

なにげないものが特別になる雨上がりが好き。LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS

なにげないものが特別になる 雨上がりが好き。 金木犀が日ごとに開いて、家の中まで香っています。 世界にひとつ、数分でなくなる宝石。 そしてこの曲・・・ Beatles - Lucy In The Sky With Diamonds - YouTube

「しつけにある程度の体罰は許される」の誤り

「しつけにある程度の体罰は許される」の誤り 先日山梨県立大学人間福祉学部の西澤哲先生の講演を聞く機会がありました。 その時の「しつけ」の意味にハッとさせられたので、忘れないように記事にします。 動物と違って、人間の赤ん坊はひとりでは何一つでき…

「青のない国」~何が大切かは、自分で決める~

「青のない国」 ちいさい書房 風木一人/作 長友啓典・松 昭教/絵 ~何が大切かは、自分で決める~ < あらすじ> 人と話すよりも花と話す方が好きだった一人の男が、ある日、今まで見たこともない植物を見つけて大事に育てていく。 やがてその植物は美しい花…

夏が往く・・・

秋の兆しと夏の名残りがまざり合って・・・ 萩の花が咲き始めました。 アブラゼミとショウリョウバッタが出逢う? 虫が苦手な方ごめんなさい (..) 家の前の道端に咲いていて、調べたら「 トラデスカンティア・シラモンタナ」という長い名前でした。日本名は…

数字ではない時間を教えてくれた ラオスのおばあさん。 

昔、少しですがボランティアにかかわっていた時の思い出。 (写真は当時のものではありません。) タイの難民キャンプ、スラム街、東北タイの干ばつ・・・ すべてはつながっているので、ひとつの問題にかかわると活動は自然に広がります。 ラオスの子どもた…

クリスティアーネ・レーア    宙をつつむ

「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」 友人に誘われて、ヴァンジ彫刻庭園美術館に行ってきました! ドイツとイタリアで活躍するクリスティアーネ・レーアの国内の美術館では初となる展覧会。 レーアは自然から採取してきたタンポポやアザミなど、身近な…

シモーヌ・ヴェイユ「何よりもまず、詩人でありたい」        

シモーヌ・ヴェイユをどう語ればいいのだろう。 1909年2月3日フランス・パリに生まれー1943年8月24日イギリス・アシュフォードで死亡。 ユダヤ系フランス人の女性哲学者。 医師を父に持つ裕福で知的環境のなかで育ち、哲学の教授になるが、やめて病弱ながら…

海に行ってきました!台風と遊泳禁止と大笑い

早起きして8時前に下田の海に到着。 「今日は波があるよ」駐車場のおじさん。 「やったね!ボディボードにもってこい!」 早いのにすでにけっこう人がきていた。 まずはベストポジションにタープを張って拠点確保・・・ 「一年に一回、生命の源の海に入れば…

東北タイ 満月の映画会

こんなに暑い夏は昔行った東北タイの田舎を思い出す。 タイの田舎は朝が早い。 煙いような朝、赤茶けて乾いた道を黄土色の袈裟を着た托鉢僧と牛がすれ違う。 ホームステイしている奥さんにお供え物を用意してもらってお寺にお参りに行く。 本堂には金色の仏…

丹田を鍛えるという事は全てに通じると思う

庭の茗荷コーナーのところに山百合が咲いていた。 奥の隅で見えにくかったけど強い香りで気がついた。 以前にも書いたが、古典インド舞踊を習っている。 神に捧げる踊りでもあり、精神的なことも学ばなくてはならない。 踊りはそのまま自分が出てしまう。隠…

長田 弘の本からつながって・・・パラパラ漫画へ

長田 弘の「本という不思議」を読んでいたら 「ゲド戦記」を書いたアーシュラ・K・ル・グインの詩を見つけた。 才気溢れる少年は禁止された魔法を使うことになるに違いない。恋するに違いない。自分の役割を果たすべく旅を続けるに違いない。 それはとても感…

「窓の向こうのガーシュウィン」  あなたの目と耳を貸してほしいんだ・・・記事追加しました!

「窓の向こうのガーシュウィン」 宮下奈都 この物語にはずっと子守唄(サマータイム)が流れている。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ <本文から> 私は未熟児で生まれたが、「私にはちょうどいい出生だったと思う」 体重だけでなく成長してもい…

ハスの花が開く時「ぽん」と音がするという。

車で30分。朝ハスの花を見に行ってきました。 こころみにわかき唇ふれて見れば冷かなるよしら蓮の露 晶子 足が写っちゃいました! 佛印のふるきもたへや蓮のはな 蕪村 蓮の香や水をはなるる茎二寸 蕪村 御死にたか今少ししたら蓮の花 漱石 蓮葉のにごりにし…

「そこに僕らは居合わせた  語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶」

「そこに僕らは居合わせた 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶」 グードルン・パウゼヴァング 高田ゆみ子訳 みすず書房 ナチスの支配下、全体主義の狂気に「普通の」人びとがのみこまれてゆくさまを少年少女の目を通して描く。人間の弱さと強さをみつめ、未…

合歓の花が咲きました

ふんわりと合歓の花が咲きました。 そのすがた人にうつすやねぶの花 千代女 その時われ八歳なりし合歓の花 風生 こちらは雨上がりバージョン 雨の日やまだきにくれてねむの花 蕪村 つぼみからの咲き始め・・・初めて見ました。 象潟(きさかた)や 雨に西施…

「めぐり合う時間たち The Hours」

「めぐり合う時間たち The Hours」 『ダロウェイ夫人』をモチーフに、作者であるヴァージニア・ウルフをはじめ、それにかかわる3人の女性を描くドラマ。 第75回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、特殊メイクを施しヴァージニア・ウルフを演じたニコール…

「ダロウェイ夫人」バージニア・ウルフはやっぱり怖いかも・・・

ヴァージニア・ウルフは読みたいと思いながらなかなか読めずにいた。 「灯台へ」を挫折し、「ダロウェイ夫人」をモチーフにした映画、「めぐり合う時間たち」を観た。 不思議で印象的な映画だったけど原作を読むにはつながらなかった。 その後も、興味をもつ…

雨の日は雨の歌を・・・

みなさんのところは雨が降っていますか? 私のところは静かな雨が降っています。 ありがちではありますが「雨」の歌をピックアップしました。 みんな懐かしい曲ばかりです。すみません年齢が・・・ でもやはりいいでしょう? www.youtube.com さすがにリアル…

All I Need

All I Need www.youtube.com All I NeedSong By RadioheadI'm the next actWaiting in the wings・・・・・・I am all the daysThat you choose to ignore・・・・・・You are all I needYou are all I needI'm in the middle of your pictureLying in the r…

ダークエネルギーがブライトエネルギーに?

最近よくわからないのに宇宙論についての本を眺めていました。 宇宙の画像をみているのは単純に好きです。 宇宙に存在する正体不明の物質「ダークマター」、さらにとらえることができない宇宙の膨張に伴い増え続ける「ダークエネルギー」・・・ 宇宙はその正…

のびろのびろだいすきな木 

我が家のそばには大きな樫の木があります。この木を見て私はこの家に住もうと決めました。 アン・サリーさんの歌がピッタリです。聴いてください。 のびろのびろだいすきな木 アン・サリー 加藤勇喜 - YouTube 梅雨に入って木や草がみんなグングン伸びていま…

篠田桃紅さんがNHK特集で放送されます!

先日ブログで紹介した篠田桃紅さんが、NHKのETV特集で取り上げられるそうです。よかったら観てください! 5月30日(土) [Eテレ] 後11:00 ETV特集「墨に導かれ 墨に惑わされ~美術家・篠田桃紅 102歳~」 美術家・篠田桃紅さん、102歳。戦後す…

「トーべは人類への贈り物です」      ビビカ・バンドラー

「ムーミン谷への旅」トーベ・ヤンソンとムーミンの世界 講談社 トーべ・ヤンソン(1914-2001) 若かりしトーベ 彫刻家の父、画家の母を持つスウェーデン系フィンランド人。 ご存知「ムーミン」の作者です。 父親は、真夜中に火事があるとトーベを起こして抱…

ひっそりと・・・

最近ちょっと元気がでなくて ひっそりと生きたいなぁ・・・なんて思ったり・・・ 白い十字架みたいな、どくだみの花が好きです これは名前がわかりません。地味でいつの間にか咲いています。 上の花の葉っぱに、ちっちゃいカタツムリ見つけた! シロツメクサ…

篠田桃紅 それは一種、熱望というような願いでもあり

「103歳になってわかったこと」 幻冬舎 篠田桃紅(しのだ・とうこう)1913年生まれ。 「墨象」といわれる墨を用いた抽象表現で、世界的に広く知られており、数えで103歳となった今も第一線で製作している。(映画監督の篠田正浩は従弟) 女性は親の決…

エミリ・ディキンソン 「私の詩が生きているかどうか教えていただけないでしょうか?」

Emily Dikinson (1830-1886) アメリカの女性詩人。 終生独身で隠遁し、愛、宗教、自然を主題とする短詩を書いた。(広辞苑) わたしは荒野を見たことがない わたしは海を見たことがないさ けれど知っている ヒースの色あいを 大波の激しさだってさ わたし…

友部正人 「君が地球にいるのと同じように」 

最近この曲がずっと頭の中で流れてしまっているので、アップしてポテンシャルを下げることにしました。 5月24日にライブに行く予定です。 09 MASATO TOMOBE - 遠来 - YouTube 遠 来 詞・曲/友部 正人 ・・・・・・・・ 君が地球にいるのと同じように 僕は地…

光の海に帆をあげて! 願望実現

「願うことが実現する」ことについて以前記事にしました。 今回もロシアの元量子物理学者で作家の、ヴァジム・ゼランドの「リアリティ・トランサーフィン」シリーズ(徳間書店)を中心に、前回伝えきれなかったことを書いてみようと思います。 実はこれが一…

インド舞踊「バラタナティアム」

インド舞踊のレッスンに行ってきました。 私が習っているのは、南インドを代表する古典舞踊でバラタナティアムといいます。 ヒンドゥーの神々を讃える踊りなので、神への思慕や精神性の希求を表現しています。 官能的な身振りはなく、直線的でどこか男性的で…

五月です!朝が気持ちいい!

「朝の散歩行く?」 「・・・いいよ」 「朝日を浴びたしっぽがかっこいいね!」 「そうかい?」 「静かだね・・・」 「・・・」 (どこ行った?) 「いたいた・・・」 「足がよごれたぜ」 「何?!」 「鳥の声だよ」 「そろそろもどるよ」 「緊張したせいか…

だんだん・・・

草取りしながら、咲いてきた花たちをパシャリ。 顔みたい・・・ 自生のエビネ蘭も咲きました・・・ つつじも咲いてきましたねェ・・・ これは何だろう?・・・庭の隅っこに・・・ さて、気を取り直して草取りのつづきをしましょう。 おや、かっこいいな・・…

さかさまのパテマ 「空に落ちることが 罪なんですか?」

「さかさまのパテマ」 吉浦康裕監督 2013年公開 あらすじは・・・ “空”を忌み嫌い、空を見上げてはいけない人々の世界アイガ、昔ここで重力からエネルギーを取り出す実験が行われ災害がおきました。被害にあった人やモノは重力の向きが反転し、空に宇宙に向…

不思議なことも不思議ではなくなる世界・・・

不思議な流れになっています。 ちょっと前にブログで夢のことを書き、時代設定を中世にしていたら、友人から中世の古楽器”リュート”のミニコンサート企画の話がやってきました。(「リュートを聴きながら」) 「近くでミニコンサートができたら素敵だな・・…

奥山民枝 「これは究極の恋愛物語だと思います。」

「山水戀圖」 奥山民枝 岩波書店 画家である奥山民枝さんがかつて展覧会の際に書いた”幻の小説”と言われ、私はこれは究極の恋愛物語だと思います。 主人公「俺」は『川』で、『山』に恋します。 俺たち、つまり北の山麓氷河を母にもつ河川系には、一族全ての…

リュートを聴きながら・・・

前回の記事で、 夢の時代背景を勝手に「中世」としていたら、今日久々の友人から便りが届いて、「リュートと中世の古歌」というチラシが同封してありました。 友人は趣味で(趣味の域を超えるのですが)お気に入りのアーティストのミニコンサートを時々企画…

佐野洋子『ふつうのくま』 「空を飛ぶってどんな気持ち?」「いいたくないんだ」

「ふつうのくま」 BEAR AND MOUSE 佐野 洋子 くまの家には、”おじいさんのおじいさんのおじいさんのおじいさん”が空を飛んだという赤いじゅうたんがしまってありました。 くまはその赤いじゅうたんがあることで、何をしても何を食べてもさびしい気持ちになり…

「バベットの晩餐会」・・・「私がこれまで何かお願いしたことがありましたか?」

「バベットの晩餐会」 原作 アイザック・ディネーセン 1987年度 アカデミー賞 外国語映画賞 受賞 私にとって宝物の映画です。 原作者はアイザック・ディネーセン。男性の名前ですが、実はカレン・ブリクセンというデンマークの女流作家。彼女自身も波乱に満…

ちょっとした進歩です。

サボっていた庭の草取りをしました。 立花 然(kmssmint)さんに教えていただいた、ティク・ナット・ハンのNHK番組を見た後のせいでしょうか、いつもより楽しくできました。(簡単すぎ?) 写真が下手なので恥ずかしいのですが、自分のいる場所を慈しむ気持…