読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

ターナーの絵にやすらぐ

根を詰めて頭がキューっとなってしまう時、 好きな絵や音楽が 自分を「今、ここ」に戻してくれます。 「雨、蒸気、スピード-グレート・ウェスタン鉄道」 「海岸に近づくヨット」 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー Turner/1775年4月23日 - 1851年12…

篠田桃紅さんがNHK特集で放送されます!

先日ブログで紹介した篠田桃紅さんが、NHKのETV特集で取り上げられるそうです。よかったら観てください! 5月30日(土) [Eテレ] 後11:00 ETV特集「墨に導かれ 墨に惑わされ~美術家・篠田桃紅 102歳~」 美術家・篠田桃紅さん、102歳。戦後す…

篠田桃紅 それは一種、熱望というような願いでもあり

「103歳になってわかったこと」 幻冬舎 篠田桃紅(しのだ・とうこう)1913年生まれ。 「墨象」といわれる墨を用いた抽象表現で、世界的に広く知られており、数えで103歳となった今も第一線で製作している。(映画監督の篠田正浩は従弟) 女性は親の決…

奥山民枝 「これは究極の恋愛物語だと思います。」

「山水戀圖」 奥山民枝 岩波書店 画家である奥山民枝さんがかつて展覧会の際に書いた”幻の小説”と言われ、私はこれは究極の恋愛物語だと思います。 主人公「俺」は『川』で、『山』に恋します。 俺たち、つまり北の山麓氷河を母にもつ河川系には、一族全ての…

神泉の「仔鹿」が見たい!

徳岡 神泉 「仔鹿」 「蓮」 「流れ」 以前テレビで神泉の「仔鹿」を見て、引き込まれてしまい、ネットで画像を探してプリントアウトしたのを、本棚に入れたままにしていました。 徳岡神泉(1896~1972) 京都生まれの日本画家で、途中で大きな挫折を味わいま…