いつもここにいるよ

あなたがいて、うれしいです

小説

「海と山のピアノ」世界をつなぐものたち

命を育み、 あるいは奪う、 水の静けさ、こわさ、 あたたかさ。 響きあう九つの 短編小説。 九つの物語は、水をモチーフにそれぞれがつながり合いながら、 山と海、現実とビジョン、目に見えるものと見えないもの、一瞬と永遠、あちらとこちらという相対する…

「こちらあみ子」悲しいほど強く優しくしたい

「こちら あみ子」 第24回(2011年) 三島由紀夫賞受賞・第26回太宰治賞受賞作 ずっと居心地の悪さを感じながら読んでいた。 作者は「何か」を語らないまま話が進む。 話の中には悪い人はだれもいない。 むしろみんな優しい人たちだ。 その優しい人達が壊れ…

『ハリネズミの願い』でも、だれも来なくてもだいじょうぶです。

谷川俊太郎さんが 「大笑いしてるうちにぎくっとして、突然泣きたくなる21世紀のイソップ」と絶賛した 『ハリネズミの願い』の紹介です。 (おおいにネタバレですので注意) 親愛なる動物たちへ ぼくの家にあそびに来るよう、キミたちみんなを招待します。 …

「羊と鋼の森」

「羊と鋼の森」 宮下 奈都 「森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。」 という書き出しで始まる物語。 高校の放課後の体育館で、偶然聞いたピアノの音に森の匂いを感じた17歳の主人公。 音は、ピアノの調律師が鍵盤を叩く音でした。 主人公はピアノを弾…